瑕疵担保責任について

瑕疵担保責任とは、「隠れていて中々発見が難しい住宅の欠陥を購入者が発見された時、売り手はこの欠陥に対する責任を負わなければならない。」という意味です。
瑕疵とは”隠れた欠陥”という意味です。

通常、売り手は買い手に対してこの瑕疵担保責任を2年間負わなくてはいけません。
そして、実際に何かトラブルがあった場合は、契約破棄、損害賠償請求などをされてしまう恐れがあります。
売り手が個人の場合は、「瑕疵担保責任を一切負わない」という特約を契約時に結ぶこともできます。
ですが、通常はやはり2年間しっかりと責任を負うのが一般的です。
新築の場合は、建物の基礎の部分に関しては10年間責任を負うという決まりもあります。

そして瑕疵担保責任は無過失責任です。
無過失責任とは、売主に過失がなくても責任を負わなければいけないということです。
例えば、ホルムアルデヒドなどによる健康被害に関しては、当初は誰もその問題に気づいていなかったので、本来売り手に過失はありません。
ですが無過失責任なので、売主が責任を負う可能性があります。
(ちなみに、売買ではなく、譲渡の場合は一般的に瑕疵担保責任は発生しません。)

瑕疵担保責任は建物の基礎などの重要な部分(柱、鉄骨、土地など)に発生し、そうではない消耗品とみなされている部分(ドア、床、家具など)などには適用されません。
売り手が注目すべき点は「契約時に売主からあらかじ説明があった部位の欠陥は、瑕疵担保責任の対象外になる。」という点です。
そのため、契約時に把握している欠陥部分は積極的に買い手に伝えて、それを伝えたという書類を作成して証拠を残しておくのが、あとで「言った言わない」のトラブルを防ぐコツであるといえます。