マンションを売る前に

自分が所有しているマンションを売ろうと考えたとき、不動産屋に手続きのほとんどを任せる方がほとんどだと思います。売買に関する法律や税金のことなど、専門的な知識を必要とされる場面が多く、取引や申請にあたっては資格が必要になることも多いからです。細かな業務はプロに任せることができるとはいえ、マンション売却に際しては大きなお金が動きます。できれば少しでも得をしたいですし、信頼できる業者に任せたいですよね。そのために最低限の知識は身につけておかなければいけません。

まず、売却の仲介をしてくれる不動産会社を選ぶ契約にも「専任媒介」「専門媒介」「一般媒介」の3種類があります。複数の不動産会社と契約を結んでマンションを売ってもらうか、1つの会社のみに営業や広告などをお願いするかという違いですが、状況によってどの契約方法が適しているかを考えなければなりません。また、無事買い手が見つかり成約にこぎつけても、今度は売却によって得た利益で確定申告が必要になります。

所得は購入価格や売却価格、諸経費などを考慮して求められ、特例などもあるため覚えておきましょう。さらに売買が成立して、新しい買い手がマンションの利用を始めたあとでも、一定期間、売り手は「瑕疵担保責任」を負っています。売ったマンションについて欠陥やトラブルが見つかった際、その補償をしなければならないのです。たとえ売主である自分に責任がなかったとしても問われることがあるため、売る前によく注意しなければなりません。当サイトでは、こうした売却にあたって必要となる知識を詳しく解説いたします。