媒介契約について

家を売る不動産を売却する時は、不動産屋と媒介契約を結ぶケースがほとんどでしょう。こうして不動産屋と媒介契約を結ぶ際は、特定の不動産屋とだけ契約をする専任媒介と複数の不動産屋と契約をする事の出来る一般媒介があります。専門専任媒介とは専任媒介とほとんど同じですが、売り主個人が買い手を見つけた場合も、不動産屋を通して売買契約を結ばなくてはいけないという違いがあります。

不動産屋の説明でも、また不動産の売却についての情報を取り扱っているネットのサイトでも、殆どが専任媒介や専門専任媒介をお勧めしています。多くは一般媒介だと不動産の売却に力を入れない為、積極的に宣伝をしてくれる専任媒介の方がメリットが高いと説明しているでしょう。しかし、本当に一般媒介にはメリットが無いのでしょうか。そんな事はありません。

例えば、人気のあるスポットの物件など条件の良い物件は複数の不動産屋が自社で売りたいがために競い合う事で、通常より早く不動産の売却が決まる事があります。また、一般媒介でも不動産屋との話し合いによりレインズへ登録をお願いする事が出来る場合もあります。zこの交渉が上手くいった場合は、一般媒介と専任媒介の良いところどりが出来るのです。更に一般媒介の契約数を2社程度に抑えると、2社が競合しあい宣伝に力を入れてくれるケースもあります。

このように必ずしも一般媒介が専任媒介と比べて劣るという訳ではないのです。一般媒介での対応により、その不動産屋の本質が分かるという事もあります。